「子どもの心を ゆたかに」感性と表現力を磨く幼児教室!「トリッピーキッズ」





トップ親子イベント > イベント/ニュース








トリッピーキッズ公式ブログ★オススメ情報

  • ★発達が気になる子のための、表現力ワークショップ~絵本編~★


    ◎こんなお子さまにお勧めです◎★同じ場所に座り続けられない★コミュニケーションや言葉の発達の遅れ★ぼっとしていて話が聞けない★注意が散りやすい 発達が気になるお子さんのみ参加OKです。周りの目を気にすること…

    もっと読む



  • ★七夕イベント★工作×英語×演劇~子どもの感性を刺激する欲張り体験ワークショップ~


    「子どもの心をゆたかに」trippi-kids表現力お教室の七夕イベントのお知らせです。 もうすぐ7月ですね。7月と言えば、七夕です!織姫さまと彦星さまは、今年は、天の川で会えるのでしょうか。お天気が良いといいで…

    もっと読む






  • トリッピーキッズ公式ツイッター










    イベント/ニュース

    【小学校受験をされる方へのコラム(特に、慶應義塾幼稚舎、慶應義塾横浜をお考えの方)】

    ※これはあくまでも、過去トリッピーに通ってくださった生徒さんたちからの様子を見ての見解です。

     

    ただ今、トリッピーでは、

    小学校受験をされるお子様が多く通われています。

    特に、人気の小学校でもある慶應義塾幼稚舎、慶應義塾横浜を受験される方もいらっしゃいます。

     

    トリッピーでは、過去、

    慶應幼稚舎、慶應義塾横浜初等部に合格されたお子さんもいらっしゃいます。

    そのお子さんたちの共通点を見つけてみると、それは、表現力の違いだったのだと思います。

    合格したというご報告をいただいたお子さんの共通点は、

    にっこにこのキラキラの表情の笑顔と、リズムに合わせて体を思い切り動かして踊ったり、挨拶や自分のことを話す時の声のはつらつさ…。

    誰が見ても「うん、今、君は思い切り楽しんでいるね!!」

    と、外に伝わる「表現力」を、試験前には持っていました。

    最初は自信なさげな子だったのに、それが悩みで通っていらしたのに、最終的には、このような姿で表現力を体得して、当教室を卒業されました。

     

    トリッピーでは、演劇メソッドを元にした、表現力を向上させるための「話す」「表情を豊かにする」「体を最大限使う」「楽しそうに見せる(⇒それだと語弊があるので、楽しくなる!が本当かな)」

    というレッスンをしています。

     

    演劇が基本ですので、「楽しそうに見せる」と言っても、

    単に、そのように見える「偽りの物」ではなく、役者(この場合は、子どもですが)自身が、

    心の底から、本心から「楽しい」と感じられないと、そのように表には伝わらない(外部には見えない)という、お芝居の大原則があるので、

    そこに則って、

    心から楽しめる感受性の部分から、指導をしています。

    感受性を育ててから、表出(表現する)ための「体の動き」や「良く動く表情」や「声の音量」や「話し方」の技術を指導しています。

     

    ですので、どんな現場、試験会場や面接に行っても、周りの人たちの目から見ると、

    その場を瞬間瞬間で楽しんでいる子どもに見えるのだと思います。

    心から楽しんでいれば、嘘をついてないので、やらされているようには見えないのです。

     

    あくまでも、子どもに嘘をつかせることはしたくない、というのが、トリッピーの考え方です。

    嘘はやっぱり、良くないと思っています。いつも正直に生きていきたい。

    だからこそ、子どもたちにも、自分自身や周りにも嘘をつかないで、本心から楽しんで毎日を過ごしてほしいと思っています。

    ですので、トリッピーの小学校受験の対策のクラスでは、

    とても楽しく、ハツラツなお子さんと捉えてもらえるように、

    最大限の表現力を身につけてもらうべく、

    プロの俳優が講師となり、表情筋や声帯や体の動き、思考力、感受性をトレーニングしていきます。

    まずは、インプットしてもらわねばならないと考えているため、とにかく色んな表現を見せていきます。

    この表現が面白いので、子どもたちが笑う笑う。レッスンがいつも笑い声で、楽しい時間となります。

     

    プロだからこそできる、

    「人の心・視線をとらえる表現」「感動を生む表現」を自分の心身を通して、子どもたちに伝えています。

     

    実際の小学校受験の場合で言うと、

    行動観察や、面接や、体操の試験、日常の動きの部分では、

    当たり前のように、指示された動きが出来るだけではなく、

    そこにプラスして、小学校の先生方の目に留まる「あ、あの子に通ってもらいたい」「素敵な笑顔の子だな」と感じてもらうための表現力があるかどうかが、ポイントなのかな!?と推測しています。

     

    お芝居や芸能の世界では、同じ役者同士でも、「あ、あの人、目立つ。」

    と、周りの役者よりも素敵に目立って輝いている人がいます。

     

    その「目立つ」という部分が、「表現力」や「内面からあふれる自信」など、なかなか言葉には出来ないものだと思います。

    俗にいう「表現力」は、技術の部分もあるので、それはトレーニングをした方が、的確に、より身についていきます。

    この部分は、期限のある小学校受験までに、コンスタントにレッスンを積んでいった方が良いと思います。

    筋肉運動や思考回路を変えることなので、1日では完全には良くなりません。

    「ローマは一日してならず」と同じですね。

     

    もし、慶應義塾幼稚舎や、慶應義塾横浜を希望されている方は、

    普通の小学校受験よりも、「表現力」というものを意識すると良いかもしれません。

     

    過去の合格したお子さんを見ていての気づきでした。

     

    行動観察や面接で、にっこり笑顔で挨拶したり、お話ができ、

    本来のその子らしく、やらされている感なく、キラキラと輝いて、当たり前のようにそこに立つ。

    そんな風に、小学校受験を乗り越えてほしいと思います。

     

    _dsc6579a dsc_7730ah %e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91 %e5%86%99%e7%9c%9f1