「子どもの心を ゆたかに」感性と表現力を磨く幼児教室!「トリッピーキッズ」





トップ親子イベント > イベント/ニュース








トリッピーキッズ公式ブログ★オススメ情報

  • ★発達が気になる子のための、表現力ワークショップ~絵本編~★


    ◎こんなお子さまにお勧めです◎★同じ場所に座り続けられない★コミュニケーションや言葉の発達の遅れ★ぼっとしていて話が聞けない★注意が散りやすい 発達が気になるお子さんのみ参加OKです。周りの目を気にすること…

    もっと読む



  • ★七夕イベント★工作×英語×演劇~子どもの感性を刺激する欲張り体験ワークショップ~


    「子どもの心をゆたかに」trippi-kids表現力お教室の七夕イベントのお知らせです。 もうすぐ7月ですね。7月と言えば、七夕です!織姫さまと彦星さまは、今年は、天の川で会えるのでしょうか。お天気が良いといいで…

    もっと読む






  • トリッピーキッズ公式ツイッター










    イベント/ニュース

    「子どもの心をゆたかに」

    自分で生きていく力を育てる。自立して生きていける大人になることを目標に、

    表現力お教室を開講しております。

    トリッピー表現力お教室です。

     

    さて、今年の夏は、2か所の老人福祉施設さんにて、

    trippi-kidsたちが、キッズミュージカルを上演させて頂きました。

    お年寄りのみなさん、スタッフさんの前で、こうして見て頂けるからこそ、

    trippi-kidsたちの表現力&人前力&判断力が、上がっていきます。

    そんなきっかけを頂けるので、trippi-kidsたちは、本当に良い環境だな、と感じております。

     

    人前力を磨きたくても、急に周りの方に見てもらえなかったりしますもんね。

    路上パフォーマンスなどをはじめない限りは。

    %e5%a4%a7%e9%96%80%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92 

    さて、前回の老人福祉施設さんでのステージは、4月29日だったのですが、

    今回は、7月22日と8月5日の2日間、別々の場所で開催をさせていただきました。

     

    2ヶ月空いていたので、その間に、trippi-kidsたちは、ステージとお年寄りのみなさんとのコミュニケーションタイムでの、振り返りを行いました。

    ・コミュニケーションの際に、お年寄りのみなさんに「伝える手段」は他にないか?

    ・ステージでの演技や歌などのパフォーマンスで、良いと感じたこと、工夫できそうな箇所はないか?次回の目標は?

    等、

    子どもたちそれぞれに、反省と次回の目標を書いてもらいました。

     

    すると、

    ・お年寄りは耳が遠いから、大きい声で話す

    ・目の見えない人がいたので、声をゆっくりかけて、手を使って一緒に作業する

    ・セリフをゆっくりと話す

    等、子どもたちがそれぞれ考えて、振り返りをしてくれました。

     

    それもあり、今回のキッズミュージカルのステージでは、

    内容を届けることに意識を向けて「伝える」「伝わる」表現を意識していて、前回よりも、落ち着いて本番に臨めました!!

    徐々に、本番をすること、人前に立つことに緊張をせず、冷静にステージに立つことができ、

    お客さんの状態や様子を考えて、それに合わせた表現をし始めました。

     

    ステージ後の、お年寄りのみなさんとグループになって、アート作品を作る際には、

    率先して、お年寄りに声をかけたり、世間話をしたり、お年寄りの状況を見て、お手伝いをしたり…

    自分なりの判断力を使って、その場でどうしたらいいのか?を感じ、実行していました。

    もちろん、出来る子もいれば、まだ年齢的に幼いので、実行までできない子もいます。

    が、まずは、実際の状況を感じる、知るということが大切ですので、

    今はこの状態でもOK!

     

    いずれ、年上のtrippi-kidsを見て、マネして行ってくれたら、と思っています。

    もちろん、私も、こんな風に声をかけていけばいいんだよ、とその場で伝えて、声をかける引き出しを増やすお手伝いをしています。

    %e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%97 _dsc8635a

    この「お年寄りとキッズを繋ぐプロジェクト」は、

    毎回、子どもたちの成長を促すだけではなく、お年寄りのみなさんにも大変喜んで頂けており、スタッフさんからは「いつも見られない表情が沢山見られました」と、

    嬉しいお声をいただいております。

    お年寄りも、笑顔で元気。

    子どもたちも、表現力&人前力&判断力&コミュニケーション力を育てて頂き、

    お互いに、喜びや学びが、共有できると、こんな良い相互作用はないと思い、

    このようなプロジェクト名を付けて、運営をさせて頂いております。

     

    子どもたちの教育にも、自立の手助けにもなると思っておりますので、

    ぜひぜひ、trippi-kidsの一員になり、このプロジェクトに参加してもらえたらと思います。

     

    %e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%95 %e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%99

     

    みんなで作るアート作品の完成は、これです!

    キャンディの虹!!

    _dsc8646a そのまま、施設さんの方にプレゼントです。

    チェキで写真を撮影したり、一緒に工作したキャンディが貼られているので、

    想い出の品となります!

     

    %e5%a4%a7%e9%96%80%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91

    ちなみに、私は、本番中は、面白い表情をしたり、体の動きなどを使って、trippi-kidsたちが、舞台に出るタイミングを間違えたりしないように、

    そして、ダンス中に視線を客席に向けるように指示をしつつ、

    音楽の音出しをし、セリフの大きさをそれぞれ変えるべく、マイクの音量調節も、

    同時に行っています(笑)

     

    我ながら、一気にこれらの作業をするのが、上手くなりました!!

     

    %e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

    それもこれも、子どもたちが、上手く演じることができるように陰ながらサポートしています。

    こういうことをすると、自分が出演していた時のことを思い出すと、

    しっかりとサポートをしていただいていたんだな~と感じます。

    ありがたいです。感謝。