「子どもの心を ゆたかに」感性と表現力を磨く幼児教室!「トリッピーキッズ」





トップ親子イベント > イベント/ニュース








トリッピーキッズ公式ブログ★オススメ情報

  • 達観してる小1の男の子


    「子どもの心をゆたかに」自分に自信を持って、自分で道を切り開いていく、そんな子に育ってほしい。そのための、1つのツールとして、表現する力と心を磨いています。トリッピーです。さて、昨日、小1の男の子と…

    もっと読む



  • 小学校受験の年長さんレッスン後、「光が見えてきた~!」とお母さんと一緒に喜ぶ。


    「子どもの心をゆたかに」 自分に自信を持ち、自分で生きていける力を育てる、表現力教室トリッピーです。 さて、だんだん、小学校受験の生徒さんの成長の姿が、目に見えてきました。 当教室の場合は、詰め込み教…

    もっと読む







  • イベント/ニュース

    「子どもの心をゆたかに」

    演劇の技術だけを学ぶのではなく、自分に自信を持つ、

    自分の気持ちを感じ伝える表現力、

    他者のことを考える観察力、思いやりを育てる。

    人間の基礎力を付けるための教室、トリッピーです。

     

    私自身が、

    演劇集団円の女優であることと、

    自分が体験して、「これは本物だ」と感じたものを、

    今年は、開催していこうと思っています。

     

     

    今年の初めに、1週間のスタニスラフスキーシステムのワークショップに参加しました。

    演劇をする人、特に私のような、新劇の劇団、古い劇団に入る人間からすると、

    聞いたことがあったり、体験したこと、勉強したことのある、演劇のメソッドかと思います。

     

    このスタニスラフスキーと言えば、おおもとは、ロシアです!!

    そのロシアから、ロシア人の演劇の先生が来て、私たち参加者に、愛のあるレッスンをしてくださいました。

     

    私が参加したワークショップは、俳優のためだけではなく、

    すべての人間が対象になる内容だ、と感じたのです。

     

    相手を感じ取り交流する能力、感じるアンテナをしっかり立たせること、

    自分を知り、自分から行動する能力、

    想像力、集中力を高める、

    そんなことを、言葉は違うけれど、雰囲気で、セルゲイ先生が伝えてくださっていることが、

    本当に伝わってくるんです。

     

    先生は、生徒に対して、分け隔てなく、愛を持って包み込むような雰囲気で、

    その時間をみんなで共有できるようにしていくことが、

    大切なのだと感じました。

     

     

    演劇をやったことがない人でも、

    動作としては、手を叩くだけ、座って感じるだけ、歩くだけなので、

    無理なく参加できます。

     

    動きは簡単ですが、身体よりも、目に見えないアンテナを張って、

    コミュニケーションの本質であったり、

    他者を感じる、自分を感じることの方が、人間として、まずは大切なことだと思うので、

    どんな方でもぜひ、参加してもらえたらと思います。

    肉体的に言えば、参加するハードルは、低いかと思います。筋肉痛になるような動きはしないので。

     

    それよりも、感性や、哲学、クリエイティブの脳の方を刺激する内容です。

     

     

    すべての子どもたちも、他者を思いやる気持ちや、

    伝える能力の向上、

    自分の事を見つけるきっかけにもなると思いますので、

    ぜひ、参加してもらえたらと思います。

    ですので、トリッピーの生徒じゃなくても、参加できます!

     

     

    ●日時

    ・小学校3年生以上~中学生が、

     8月20日(月)15時30分~17時30分(※母子分離レッスン)

    ・高校生~大人は、

     8月21日(火)19時30分~21時(※21時30分になるかも)

     

     

     

    ●参加費

    ・子どもは、参加費5000円

    ・大人は、参加費7000円

     

     

    ●こんな子、大人に参加してほしい

    ・コミュニケーション力を伸ばしたい!

    ・自分の気持ちに気づけるようになりたい!

    ・自分の気持ちを伝えやすくしたい

    ・勇気を持ちたい

    ・相手に思いやりを持てるようになりたい!

     

    という子、大人は、ぜひご参加ください。

     

    ●場所は、

    広尾駅から徒歩5分。天現寺スクエア1階「天現寺ホール」となります。

    http://tengenji-square.jp/access/

     

     

    ●講師

    ・セルゲイ シェンタリースキーさん

    1991年チェーホフ記念モスクワ芸術座附属演劇大学のタバコフのクラスを卒業。ジュリアードスクール(米)、シェイクスピア王室劇場(英)で研修を受け、その後タバコフ劇場の舞台に立ち、映画、TVドラマに出演。92年より、チェーホフ記念モスクワ芸術座附属演劇大学の俳優学科副科長として教鞭を執り、現在に至る。コロンビア大学・イリノイ大学における俳優演技マスタークラス(01年~03年)、ミハイル・バリシニコフのアートセンターで俳優のためのワークショップ(08年)などの講師をつとめている。モスクワ芸術座附属演劇大学のイギリス人学生クラス担当(07年)。01~06年、同大学協賛のプロジェクト「新しい文明」の代表者のひとりとして、ロシアで舞台俳優として最も才能のある若い人たちの指導に当たる。15年よりライキン舞台芸術大学に勤務。 ※こちらのページより引用 http://www.seinengekijo.co.jp/moscow/moscow2018.html

    ●通訳

    ・安達紀子さん

    183年京都産業大学外国語学部ロシア語学科卒[1]早稲田大学大学院露文専攻博士課程満期退学。1986年から1992年までモスクワに住み、映画撮影所モスフィルム朝日新聞モスクワ支局、マールイ劇場などで通訳の仕事をする。帰国後は演劇、音楽関係の通訳をしながら、ロシア演劇を研究。演劇雑誌『悲劇喜劇』に評論を執筆。オペラ、バレエにも興味を持つ。1999年『モスクワ綺想曲』で小野梓記念賞受賞。同年、ロシア文化省より、プーシキン記念メダルを授与される。マリンスキー・オペラ友の会の会員。早稲田大学講師。※ウキペディアより引用

     

    ●参加申込は、

    トリッピーHPのお問い合わせフォームより。

     

     

    私が前回参加したスタニスラフスキーシステムのワークショップはこちらです。

    http://www.seinengekijo.co.jp/moscow/moscow2018.html

    参考までに記載しておきますね。

    cimg2405