「子どもの心を ゆたかに」感性と表現力を磨く幼児教室!「トリッピーキッズ」





トップ親子イベント > イベント/ニュース








トリッピーキッズ公式ブログ★オススメ情報

  • 発達障害ではなく、単純にコミュニケーション力が低いだけ


    「胸を張って生きる」「表現は手段。ゴールは真の自立」これまで1000人以上の親子の子育て相談を受け、それに対するプログラムを考え、受けていただき、改善が見られました。トリッピー表現力教室の大門まきです。…

    もっと読む



  • 子供は哲学者だな!自己分析がすごい!そして、小学校受験の面接もバッチリ!


    「胸を張って生きる」「表現は手段。ゴールは真の自立」大人と子供の生きる力を身につける。そのための表現力!トリッピー表現力教室です。さて、今朝は、テレビ電話でのレッスンをしていました(^^)小学校受験の本…

    もっと読む







  • イベント/ニュース

    2019年1月29日に、

    セルゲイ シェンタリンスキー氏の、コミュニケーション&表現力ワークショップを

    開催致しました。

    今回も、昨年夏に引き続き、

    一般職の方向けの大人クラスを開講。

     

    前回の参加された方も、多く参加してくださいました!

     

    皆さん、日常生活や、職場での、コミュニケーションに悩んでいらっしゃるようです。

    他にも、自身の表現スキルをより一層磨きたい、という方もいらっしゃいました。

    どちらにしても、自分の現状よりも、高みを目指しての参加。

    本当に素晴らしい皆さんだと感じました。

     

    セルゲイ先生からは、

    【コミュニケーションに必要なこと】

    ・他者の心のカギを開くため、自分の殻を出る(一人よがりにならない)

    ・発信する人は、相手に伝えるためエネルギーを出し惜しみせず最大限出す(伝えるという意思を持つ)

    ・ノンバーバルコミュニケーション力の重要性の確認(言葉以外のコミュニケーションスキルの向上)

    ・参加者20名で、心を一つにする(自分勝手にならない。他者に合わせる)

     

    ということを学びました。

     

    いすに座った状態ですが、上半身を動かして、手拍子だけで、他者に伝えたり、

    それ以外にも、目を目を合わせるだけで、意思疎通をし、場所を入れ替わったり、、、

     

    他者を感じ取るスキルと、自分を遠慮なくPRしていくスキル&気持ちが必要だということを、

    参加者の皆さんは感じ取られたようです。

     

    ワークショップが終った後の参加者の皆さんの感想は、

    「勉強になりました」「普段、自分がいかにおろそかにしてるかがわかりました」「参加費が安すぎる」

    と、前向きな言葉ばかりでした。

     

     

    ロシア人の先生のため、

    通訳の、安達紀子さんが入ってくださいました。

    ロシアにも長く住まわれており、ロシアの芸術に長けてらっしゃる方です。

    早稲田大学で講師もされていたり、ご自身の著書も出されていて、今回の通訳をしいていただくには、最高の方でした。

    安達紀子さんのご紹介はこちらです。

     

    セルゲイ シェンタリンスキー先生は、

    ライキン舞台芸術大学俳優芸術学科教授・俳優・演出家です。

    セルゲイ先生のご紹介はこちらです。

     

    トリッピーの代表の大門まきも、セルゲイ先生の「スタニスラフスキーシステムを基礎から学ぶワークショップ

    (主催:文化庁・公益社団法人日本劇団協議会)に参加させていただき、交流を持たせていただいております。

    昨年は、スカラシップ生として参加し、今年もレギュラー参加をさせていただきました。

     

    今年2019年の夏にも、また、子供向け、大人向けでのワークショップの開催をするかもしれません。

    その際には、ぜひご参加ください。

     

    %e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%ef%bc%91 %e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%ef%bc%92