「子どもの心を ゆたかに」感性と表現力を磨く幼児教室!「トリッピーキッズ」





トップ親子イベント > イベント/ニュース








トリッピーキッズ公式ブログ★オススメ情報

  • 【体】思い切り汗をかく!スッキリ!バレエレッスン再開。


    「胸を張って生きる」「表現は手段。ゴールは真の自立」大門式表現力アカデミーの大門まきです。ーーーーーーーーーーーさて、二か月ぶりのバレエレッスンに行ってきました!!はー、さっぱり!!久しぶりに、汗を…

    もっと読む



  • 【自分を褒める】この二か月、よく頑張った!


    「胸を張って生きる」「表現は手段。ゴールは真の自立」大門式表現力アカデミーの大門まきです。ーーーーーーーーーーー おうちで子供と遊びつつ、表現力が鍛えられるような動画をアップしています!チャンネル登…

    もっと読む







  • イベント/ニュース

    ★【小学校受験】【年長】【言葉がけ】話すのに時間がかかる子★

    「胸を張って生きる」「表現は手段。ゴールは真の自立」 

    大門式表現力アカデミーの大門まきです。

     

    昨日いただいた質問です。

    「話すのが苦手なので、何と声をかければいいですか?」

     

    この子は小学校受験の準備をしています。塾では、"正解"が求められることが多いです。

    そうすると、「間違ってはいけない。先生が求める正解を言わなくちゃ」と、子供が学習し、

    それを言おうと、頭の中でウネウネ考えます。

    そのために、質問されても、ずーっと考えていて、言葉が出にくくなることがあります。

     

    決して、不真面目だから考えていないわけではないのです。

    (もちろん、考えて答えを出すまでに、情報処理力が遅いという理由もありますが、今はそれに対するやり方は置いておきます。)

     

    私は、この子に質問した後で、

    「〇〇くんだったら、どう思うの?」と、自分だったら?という言葉を付け加えました!

    すると、

    笑顔でどんどん答えてくれます^_^

     

    「自分だったら」という言葉を入れるだけで、正解ではなく、「あなた」の意見を聞いてますよ!という風に、受け取ってもらえます。

     

    最初は、このようにして、

    自分の意見を話せる心と、体性感覚を育てて行きましょう!

    自分の意見を伝えることが当たり前化してくると、正解不正解は関係なく、徐々に自分の意見を言えるようになってきます。

     

    ぜひ、おうちでも、やってみてください(^^)

    2x7a0680